告白

完全無料出会いサイトのみ使ってセックスフレンドを作る日記

手をつないで

恋愛系

三十路男!12歳年下の娘との恋愛体験談

  1. 一回目から読む場合はこちら
 

「この前の事は、本当にごめん。お酒を飲む過ぎて失礼な事を言ってしまって。」

「私の方こそ、色々と勘違いしてしまったみたいでごめんなさい。実はリカに色々聞いちゃったんです。…」

私があの日、飲み過ぎて記憶を無くしてしまった事。
全てはそれが発端でした。
それから30分、私は謝って謝って謝り倒しました。

「もう謝らないでくださいw私もまた会えて嬉しかったんですw記憶なかったのか〜よかった〜ってw」

もうね!天使か!

なんでこんなゴミ人間にここまで優しくできるのか。

とにかく、許してもらえたようなので、ほっと胸をなで下ろす。
すると気になるのは「由比ちゃんは私の事をどう思っているのか」

前回の記憶喪失デートの様子を聞く限りでは、なんだか私に気があるようにも思えて来るから恐ろしいもの。

何か強烈な勘違いをしてはいないだろうか?三十路過ぎで本気でウンコを漏らしたりしている私だ。
疑いすぎるぐらいに疑っても間違いはありますまい。

そんな風に迷いながら、新宿御苑内を悶々と歩いていると、手に温かな感触が。

何?おでん?

いや!おでんじゃない!おでんの訳がない!


公園でデート中に、手の中に突然暖かいおでんが忍び込む事なんてありえない!

こ…これは…

そう!気付くと、彼女の手が私の手に!


おいおい!本当か!
彼女は19才!しかもEカップ!美女!
私は31才!しかもBカップ!醜男!


そんな二人が手をつなぐなんて、リハビリセンターの歩行器か、コンビニのお釣りの受け渡しだけだ!
当然怪我もしていないし、買い物もしていない!

これは!

キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━!!


彼女はじっと私の眼を見ている。
夕暮れがはじまっている新宿御苑は人もまばらで、遠くから都心の騒音が耳鳴りのように聞こえる。

次の瞬間、彼女の眼に写った赤い空が、まるで石を投げ込んだ池に写っている様に潤んだ。

そして、由比ちゃんはこう言ったんだ。



「付き合ってください」

※続く

今日使った無料サイト 某恋愛系サイト



無料出会いの参加ランキング


このページのリンクURL

当サイトはリンクフリーです。相互リンク歓迎!管理人メールまで。

TOPページに戻る

Copyright (C) 2012 大人の出会い【無料出会い セフレを安全に作る方法】 All Rights Reserved.

アダルトサイト視聴率調査